人により違う症状

ドクター

生理前に怒りっぽくなる

女性の多くが生理前になると感情的になったり、肌荒れがひどくなる、胸の苦しさなどで悩んでいます。このような女性の生理前のこころや身体の不調があらわれる症状のことを、月経前症候群と呼んでいます。しかし多くの女性が月経前症候群の症状を自覚していても、その名前や原因について認知度が低いのです。月経前症候群の症状は、千差万別であり200種類以上あって同じ人であっても月によって起こる症状が異なるのです。月経前症候群の精神的な症状としては、怒りっぽくなったり、イライラ、憂鬱気味になったり、身近な人に八つ当りする、そわそわして落ち着きがなくなるなどです。身体的な症状としては、乳房が張ったり、下腹部のハリ、肌荒れやむくみやのぼせなどがあります。しかしそのような症状が、月経前症候群でないことがあるので検査を受けて医師の判断を仰ぐべきだと思います。生理中にお腹の痛みや吐き気などでまともに日常生活が困難になるような体調不良は、月経困難症かも知れず月経前症候群とは明確に分けるべきです。また月経前不快気分障害と言う自己制御が困難となり、身の回りのこともできなくなるような症状もあります。他には中高年の女性に多い更年期障害は、月経前症候群の症状と似ているのぼせが起こることがあるのでしっかりと検査してもらうべきだと思います。月経前症候群の悩みは人それぞれですが、言うことがコロコロ変わるのがわかっていても自分ではどうすることもできなかったり、睡魔を抑えることができず寝過ごしたり、肌荒れがひどくニキビだらけになったりと生活や仕事に支障が出る方もいるようです。

上手に付き合うには

もし月経前症候群になってしまったら、まず生活習慣を改善することが大事です。偏った食事やジャンクフード中心の食事などは、体重が増えて肥満気味になったり乳房の痛みやむくみなどが起こることがあるので、バランスよく栄養を摂取しないといけないのです。またお酒やコーヒーや塩分が多い食品などを摂りすぎるのも、月経前症候群の症状を悪化させるので摂り過ぎないように気をつけるようにします。喫煙の習慣は血の巡りが悪くなりホルモンのバランスが崩れるため、不調の原因になるので禁煙するようにします。散歩などの軽めの有酸素運動は、月経前症候群の症状をやわらげるので積極的に取り入れて時間がないときは、なるべくエレベーターを使わないとかその場で足ふみをするなど工夫するようにします。他には日記などをつけて、症状が起こったときの状況や時間や対処法などを書き込むのも効果的です。月経前症候群の症状を緩和させる食事としては、血糖値を徐々に上げることができる穀物類や豆など食べて感情を安定させるようにつとめます。チョコレートやケーキなどは、急激の血糖値が上がるので避けるようにします。そして1回の食事で大量に食べるのではなく、1日4回以上分けて摂るようにします。またビタミンBやカルシウムを含むかつおや海藻類を摂ることでイライラを制御することができます。さらに代謝を促すために、利尿作用があるビタミンEを含有する木の実や乾燥豆などを積極的に摂取するようにします。散歩以外にもストレッチや深呼吸を取り入れるのも効果があります。月経前症候群の対処法としては、特定の症状を医薬品で対応する方法もあります。肌荒れやニキビにはビタミン剤、頭痛には鎮痛剤、情緒が不安定な方には精神安定剤といったように医師や薬剤師と相談のうえで服用します。