病院とセルフケアで改善

困る女性

病院で相談し易くなった

月経が近付くにつれて心身共に不快な症状が出て来る事があります。精神的に不安定になる人もいれば胸のはりや痛みを感じる人もいます。無気力になったりお腹の調子が滞る人もいます。この月経前症候群と呼ばれる症状は人それぞれですが月経直前に最も重くなり月経開始と共に軽くなる傾向があります。毎月症状が出るとも限らず症状が出ない人もいます。月経前症候群には女性ホルモンが大きく関係していると考えられます。排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間である黄体期にプロゲステロンとエストロゲンというホルモンが多く分泌されます。しかし黄体期の後半にこの二つのホルモンの分泌が低下し月経前症候群を引き起こす要因となります。女性ホルモンの影響だけでなく強いストレスを感じると月経前症候群の症状が重くなるとも考えられています。ホルモンバランスが崩れると幸せを感じるセロトニンという物質が減ってしまいます。そこにストレスが加わると増々精神的に安定しなくなり不快な症状が強くなってしまうのです。以前は我慢して時を過ごす事も多かったのですが少しずつ変化してきました。月経前症候群についての認識が高まっている為病院でも相談に乗ってくれます。辛い症状を緩和する薬を処方してくれる事もあります。女性である以上月経はとても大切ですがそれに伴う不快感は和らげたいものです。近年は産婦人科も妊娠や出産だけでなくホルモンで変化する女性の身体のケアをも重視しています。またストレスから来る様々な心身の症状にも対処してくれる心療内科の需要も高まりつつあります。ストレスで体調不良を感じる人は多いですからこれからも心療内科を必要とする人は増えるでしょう。

自分でも努力する

月経前症候群が広く知られるようになり病院に相談し易くなったのは有難い事です。日常生活に支障をきたすなら我慢せずに病院に行くのは良い手です。病院に行く以外に自分で努力出来る事もあります。まず月のリズムに伴う自分の状態をノートに書き留めておくと良いでしょう。症状がよく分かります。そろそろ不快感が出て来る時期であるなどと予想も出来ます。月経が近付いてきたら特にストレス解消やリラックスを心がけるようにしましょう。ストレスを感じないで過ごす事は無理かもしれませんが溜めないようにする事で症状を緩和出来ます。規則正しい生活も重要です。睡眠不足で疲れていると辛さが増します。夜更かしせず早目の就寝が大事です。よく眠れると身体の疲れだけでなく心の疲れも取れます。食生活も見直しましょう。一日何杯もコーヒーを飲んだり毎日アルコールを飲むのは良くありません。また甘い物や辛い物が好きな人も控え目にすると良いです。食べ過ぎをやめて栄養バランスの良い食事を取るようにすると症状が軽くなります。女性ホルモンのバランスを整えてくれる大豆製品もお勧め出来ます。軽い運動も効果的です。気分転換にもなりますし血行も良くなります。駅まで歩いたりエレベーターではなく階段を使うなどして無理なく運動しましょう。月経前症候群を軽くする為に行う事は健康や美容に良い事でもあります。月経前症候群だけでなく元気になったり美肌になれる可能性も出てきます。自分のペースで少しずつでも出来る事をやってみると思わぬ効果を感じられるかもしれません。